白土(はくど)馬鈴薯

白土(はくど)馬鈴薯

長野県小諸市とタッグ!少量しか生産ができない幻のじゃがいも!

白土馬鈴薯とは

長野県小諸の粘土質の土から生まれ、一般への出回りが
少ないことから“幻のじゃがいも”と呼ばれています。
加熱すると甘くうまみの強いのが特徴。
なんと糖度が15度も!(アグリ・ヌーヴ調べ)

小諸市 御牧ヶ原

長野県東部に位置し、北に浅間山、南西部に千曲川が流れる自然豊かなまち。
中でも御牧ヶ原は大自然に囲まれており、準高冷地で降水量が少なく、有機質を含む重粘土質の土が豊富。
土の中でゆっくりじっくり育成するため、でんぷん質が多く含まれ甘味、うまみの強いじゃがいもが育ちます。

甘くてホクホク

ほかのじゃがいもに比べても、やわらかな甘味で
どんな料理にもおすすめ。
粘質があるため、煮ても崩れにくく、焼いてもふんわり香りが立ちます。

いつもの食卓をちょっと贅沢にしたい。
誕生日や記念日など特別な日。

そんな時に、食べてほしいじゃがいもです。

▲仏蘭西料理 やおら料理店 『白いもと豚足のガレッド』